詳細情報:Duet34

  1. KRYNAにしか出来ない内部吸音処理 / Duet34

    Duet34には、KRYNAにしか出来ない、特別な吸音処理が施されています。密閉型のスピーカーでありながら、詰まりやこもりの無い開放的なサウンドを作り出すには、広い帯域の音をバランス良く、また吸いすぎる事なく調整する必要があります。

  2. 内部の配線にまでこだわる / Duet34

    現在、スピーカーケーブルを交換して音質を向上させるのは、当たり前のように行われています。一般にスピーカーケーブルの交換というと、アンプからスピーカーまでの配線を交換することを指します。

  3. ホログラフィックサウンドのための最小スピーカー / Duet34

    Duet34は、【ホログラフィックサウンド】を実現するための、最も小さいスピーカーです。W180 x H350 x D260の密閉型スピーカーでありながら、圧倒的なまでの音離れの良さで、音場空間の広がりを再現します。

  4. バイワイヤー用に完全分離したネットワーク / Duet34

    Duet34に使用されるネットワーク基板をご紹介します。この基板は、ウーファー部とツイーター部が完全に分離した構成になっています。一般的なスピーカーでは、ウーファー部とツイーター部のグランドが共通のため、相互の回路が干渉し、音像の定位感と解像力が不明瞭になってしまいます。

  5. ツイーターとウーファーが同素材な訳 / Duet34

    Duet34は、ツイーター・ウーファー共に同じ素材(ペーパーコーン)のもので構成されています。ユニットにペーパーコーンを選択した最も大きな理由は、軽量でかつ異物感を感じにくいからです。振動板を持つユニットは、動作時に必ずその素材固有の振動音が音楽信号に乗ってきます。

  6. T-PROP(オプション)を取り付け可能 / Duet34

    Duet34は、KRYNAのインシュレーターT-PROP(オプション)をダイアモンドフォーメーションで取り付ける事が出来る様になっています。T-PROPを取り付ける事により、キャビネットの振動を効率的に外部に逃がす事が出来、各音像の明瞭さや抜けのよさ、音場空間の高さ感などが格段に向上します。

  7. 独立設計のバイワイヤリング対応端子 / Duet34

    ブックシェルフ型スピーカーDuet34では、ウーファー用/ツイーター用それぞれに独立した端子を持つバイワイヤリング対応端子を標準装備。

  8. KRYNAオリジナルのターミナルを採用 / Duet34

    ブックシェルフ型スピーカーDuet34では、バナナプラグ対応のスピーカー端子を採用!よく見ると”KRYNA”のロゴが・・・?その通り!KRYNAで特別に設計、製作されたオリジナルのプラグを使用しています。保護カバー付きのため、万が一の際にショートしてしまうのを防げる安心仕様。

  9. 綿密に設計された新しい密閉構造 / Duet34

    ブックシェルフ型スピーカーDuet34は、綿密に設計された新しいキャビネット構造により、密閉型でありながら、密閉型特有の音の詰まりや箱鳴りが無い、開放的かつ鮮明な音場空間が再現出来るスピーカーになりました。

  10. KRYNAオリジナルのペーパーコーンユニット / Duet34

    ブックシェルフ型スピーカーDuet34では、ウーファー(15cm)/ツイーター(3cm)の両方に、このスピーカーのために設計されたKRYNAオリジナルのペーパーコーンユニットを採用しています。

ページ上部へ戻る