ブログ

PlayStation3を活用したリビング用オーディオシステム

<使用システム>
入力機器:SONY PlayStation3 ― torne(トルネ)™を併用する事で、地デジも閲覧可能OK
プリメインアンプ:KRYNA Pico ― CDサイズの高性能デジタルアンプ
スピーカー:KRYNA Duet34 ― ブックシェルフ型とは思えない音の広がりを再現出来るスピーカー

<使用アクセサリー>
ラインケーブル:SONY PlayStation用AVマルチケーブル ― RCAで音声信号をアナログ出力
スピーカーケーブル:KRYNA Spca3 ― 正しく空間情報を再現する、スピーカーケーブルの入門モデル
スピーカースタンド:Stage ― ホログラフィックサウンドのためのスピーカースタンド

リビングで体験する新しい【ホログラフィックサウンド】の世界!
ゲーム機として、Blu-rayプレーヤーとして、また地上デジタルチューナーとして様々なエンターテインメントを実現するPlayStation3(PS3)とKRYNAオーディオシステムの組み合わせをご紹介します。

system_733_1

PlayStation3からRCAケーブルにてアナログ出力をするためのケーブル「AVマルチ」を使用して、シンプルな構成を実現していますが、PlayStation3の光デジタル出力(OPTICAL)を使用すれば、さらなるグレードアップも可能。
その場合は、単体のD/AコンバーターやAVアンプ等と組み合わせる事で、接続が可能です。


プリメインアンプ Pico

プリメインアンプPico KRYNAのプリメインアンプPicoは、W12×D15.5×H11.9(cm)とCDケースよりも小さい小型ボディのため、テレビラック(写真は40型液晶テレビ)などの中にも、コンパクトに収納出来ます。
アンプの心臓部には、小型ながら高品質なICEpowerモジュールを使用しており、動作時にもほとんど熱を持たない構成のため、ラックの扉を閉めて設置しても安心です。

その他のパーツについても一切の妥協をせず、内部配線にはKRYNAオリジナルの高品質ケーブルを使用するなど、KRYNAが30年間培ってきたアンプ製作のノウハウを惜しみなく投入した逸品です。
RCA入力が4系統あるので、テレビからのアナログ(RCA)出力や、ネットワークプレーヤー、CDプレーヤーなど映像と2chピュアオーディオの融合もバッチリ!
アンプをKRYNAの真空管アンプARKシリーズにグレードアップすれば、さらに音場空間の生々しさが再現出来るようになります。

≫プリメインアンプPicoの詳細を見る

スピーカー Duet34

スピーカーDuet34 ホログラフィックサウンドを再現するために必須となる、音離れの良さ・音の軽さを再現出来るブックシェルフ型スピーカーDuet34。
W180xH350xD260(cm)のコンパクトボディで、かつ密閉型のスピーカーでありながら、箱鳴りを防ぐ特殊な内部構造によって、こもりが無く音離れの良いサウンドを実現しています。

スピーカースタンドのStageと組み合わせる事で、テレビのサイズや設置位置、視聴する際のイスの高さ(ソファ・座椅子など)に合わせて、スピーカースタンドの高さを調整してセッティングが可能です。
スピーカーをラックの上(テレビの横)に置く場合でも、高さ10cmのStageを使用し、正しく振動を処理する事で、低域のエネルギー感や抜けの良さが格段に向上します。

≫スピーカーDuet34の詳細を見る

関連記事

ページ上部へ戻る